ヨガとストレス解消

ヨガは緊張により硬くなっている筋肉をほぐす効果があります。

筋肉は身体の使い過ぎや一定の姿勢でずっといることでも固くなりますが。

心理的なストレスが起因して硬くなることもあります。

心理的なストレスがかかるとそのストレスに打ち勝とうとして自律神経が働き身体の調和を図ります。

しかし、ストレス状態が長く続くと不安感や身体の疲れがたまり呼吸が浅くなるといった症状がみられます。

なんかストレスが溜まっているなと感じたら自分に行えるヨガのポーズをとりながら深い呼吸をとることがおすすめです。

ヨガのポーズがストレス解消に効果的な理由

ヨガは肉体だけでなく、精神的にも効果的です。ヨガのポーズをとる際に呼吸をコントロースすることで日常で自らがコントロールできずに精神の安定を妨げている要因に対して間接的に働きかける効果が期待できます。

ヨガの呼吸は副交感神経を刺激してリラックスする方向へ働き掛けてくれるためストレスに負けないメンタルトレーニングとしても効果的です。

 

自律神経のバランス

自律神経は交感神経と副交感神経の2つで成り立っています。

夕方から夜にかけて優位になる副交感神経と朝から昼にかけて優位になる交感神経です。

副交感神経はリラックスする方向に作用し交感神経は活性化するときに働いてくれます。

夕方から夜にかけての副交感神経が優位になるようにヨガを行い、良質な睡眠をとり、翌朝の交感神経の活性化につなげると効果的です。