慢性腰痛、膝痛にも効果あり骨で立つ自主トレーニング②

こんにちは中央区の整体ヒーローズ・整体院 日本橋本店 院長の武井です。

このコーナーでは当院のコンセプトにもあります。

動きやすい身体を作る・骨で立つ・ということをあなたご自身で実践して頂き、障害予防、痛みの改善に繋げていただけると幸いです。

 

それでは行ってみましょう!

今日のテーマは体の回旋 腰痛・膝痛の予防

骨格での立ち方はこちらをご覧ください

動画はこちら

 

記事はこちら

 

骨で立った状態で頭を動かさないように身体を左右にゆっくり回旋します。

まずは開始姿勢

シャッターをリモート操作しているためスマホを持っていることはご了承ください。

このようにまっすぐ立ちます。

次に頭と手を動かさずに体をゆっくりとひねります。

反対も同様に行います。

回数や頻度のおすすめ腰痛・膝痛の予防

回数は左右にゆっくり5回ずつ。

1日2回

朝起きてすぐと寝る前がおすすめです。

腰痛・膝痛の予防をしたいあなたにメッセージ

一見簡単そうに見える体操ですが、やはり何事も基礎が大事です。

基礎を身に着けることで身体は壊れにくくなります。

痛いの反対は気持ちいいではありません。

痛いの反対は何もないが理想です。

体の回旋は腰痛膝痛の原因となります。

それは日頃羽後火災動き何に急にやるからです。

この体操であらかじめ体をひねる動きをインプットしておくと

日常生活の中でひねる動きに身体が順応してくれます。

年々体操でも体をひねったり、横に倒す動きをしている方は少ないんじゃないでしょうか?

その積み重ねが体の動きの自由度を徐々に下げ、急な痛みに繋がったり

動きを出さなかったことで慢性的に筋肉が凝り痛みに繋がります。

1日のほんの少しの時間でいいのでご自身の体に目を向けることを

はじめてみてはいかがですか?

膝の痛みを予防したい方はこちら